佐藤正人会長およびOB会からメッセージをいただきましたので、掲載させていただきます。

佐藤正人会長から現役メンバーへのメッセージ

会長になったので、自分の卒業以来の山野&六大学&三田祭、そしてほぼ毎年行っているリサイタルと、今年は4回、現役の演奏を聴きました。三田祭でも楽器がよく鳴っていて、リサイタルが楽しみだなぁ、と思ってましたが、期待以上に素晴らしいリサイタルでした。(三田祭ではボントロの子の司会が爆笑だった。あとbeauty&thebeastが素晴らしかったですネ。)

リサイタルでのレギュラーの演奏は、何人ものOBがFacebookなどに絶賛のコメントを書いているのであえて触れませんが、歴代のリサイタルを聞き続けていると、OB同士で「あの代のラッパの子はうまかった」とか「あのソプラノの子はいまどうしてるかねぇ」とか、何年たっても記憶に残っていて語り草となる、そういう年があります。今年のリサイタルは、間違いなくそのひとつになるでしょう。私も今年は山野から聞き続けてきて、しっかりと「リサイタルが一番上手だった」に仕上げてきた演奏の中に、今年1年間の練習や苦労が垣間見えて、目頭が熱くなりました。

そして今年はもうひとつ、ジュニアが非常に素晴らしかったこと、これには衝撃すら受けました。こちらも、後々「2016年のジュニアはすごかった」として語り継がれていくでしょう。ジュニアでそう言われた代って、今までなかったと思うので、キミたちは新たな伝説を作りました。素晴らしい。ジュニアの皆さん、そのことを胸にぜひ来年もKMPを支えて下さい。

最後に、今年は構成もよかった。卒業生紹介ではなく挨拶にして、言葉で今日の思いを語ったのは素晴らしかった。ヤクルトホールの突き出し舞台を活用したことも、観客の心をぐっと引き寄せたと思う。
ソリストたちの頑張りも、レギュラー、ジュニアともしっかりと印象に残っていて、本当に良いリサイタルでした。OBのひとりとして、幸せな気持ちになりました。ありがとう。

OB会長 佐藤正人

OB会からの年末のご挨拶

今年度のOB会では、公式ホームページのリニューアル、公式YouTubeチャンネルの開設など、KMP全体の情報発信の強化を図ったほか、ALL KMPの開催に伴い現役メンバーに楽器を寄贈するなど、現役メンバーとの交流や活動支援に力を入れて参りました。

来年度は、佐藤正人 新会長のもとOB会の活動強化を図り、現役メンバーが快適なサークル活動を行えるようさらなる支援を行っていきたいと考えております。金銭的な支援ももちろんですが、OBOGができる一番の貢献とは「演奏を聴きいく」と考えております。しばらく現役メンバーの演奏を聴きにいっていないという方は、山野BBJCやリサイタルといった主要イベントに限らず、ぜひ現役のライブに足を運んで声援を届けていただければ幸いです。

来年度も引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

OB会一同