~プロローグ~

「お客さんにんにく入れますか?」
店員さんからの問いかけに僕はこう答えた.
「ヤサイアブラカラメで」
そう返答すると少ししてどんぶりに入った二郎が出てきた.麺も野菜も豚本当にボリューミーでうまそうだ.そして俺は引き寄せられるかのように肉にかぶりつく….

~プロローグ完~

 

 

初見さんは初めまして.リピーターさんはいつもありがとうございます.
KMP一のデb…,ポッチャリ系,4年B.saxの茂谷です!最後までお付き合いいただけたら幸いです.

さて,僕は前回までの投稿で1回目はアニマルセラピーとして精神の,2回目では予防注射として身体における健康法をお送りしていきました.

そして3回目となる今回はこれ

 

 

『二郎系ラーメン』

についてお送りさせていきます.
健康どこいったって思いますよね,一応建前としては美味しいもの食べたら精神的に健康になるし肉体作りとしてもカロリーを一気に取れるからいい感じってことで.
まあ,本音を言うと自分が好きなものを投稿しようかなって感じです.

 

さて,二郎系ラーメンとは何なのか知らない方もいるかと思うのでまずはその説明を.

「二郎はラーメンではない。二郎という食べ物だ」
の名ゼリフを生んだ三田本店。慶應義塾大学脇の長蛇の列ができる三田本店を発祥とした各店舗が『ラーメン二郎』。麺は噛みごたえのある太麺で大量。スープには大量の背脂が入っている。「ブタ」と呼ばれる特大のチャーシューがのる。
ラーメン用語辞典より引用)

言葉だと想像しにくいかもしれませんが,上の写真を見ていただければわかるのではないかと思います.
味は豚骨醤油,豚(チャーシュー)はどでかいのがごろっと,そして大量の麺と野菜,最強ですね.

 

 

さて,プロローグを読んで何か不思議に思った人もいるかと思います.それはきっとこれですよね,

「ニンニク入れますか?」→「ヤサイアブラカラメ」

答えになってないですよね(笑)正直意味が分からないと思います.
ただ,実はこれ二郎系ラーメンの合言葉みたいなものなんです.

お店からの「ニンニク入れますか?」は正確に言うと,「ニンニク入れますか?また野菜(もやし)の量は増やしたり減らしたりできますけどどうしますか?
また,背脂を入れられますが入れますか?味の濃さも増せますがどうしますか?」,という風になります.

それの返答の「ヤサイアブラカラメで」を正確に言うと,「ニンニクは入れなくて大丈夫です.でも,野菜は増やしてください.あと背脂も入れてほしいです.あと,味も濃くしてほしいです」という風になります.すごいですよね,僕は最初聞いた時意味が分かりませんでした.

また,この返答ですが,普通に増やす(味を濃くする)だけじゃ足りない,めっちゃ増やして(濃くして)ほしいという人はこれに「マシマシ」という言葉をつけ足せばいいのです.

 

 

さて,そんな二郎,そして二郎系ラーメンはいろんなところにあります.
そしてそう,新橋にはなんと二郎系ラーメンの元となる二郎があるのです.これを見た人はきっと行きたくなっているはず!

12/9のリサイタルに来ていただける方は演奏を聴いた後にぜひ行ってみてください!

 

 

– Count Down Reports シリーズ一覧はコチラから
– 57th Recital 詳細はコチラから