⚫遂に感動の最終回!!

みんなおまたせ!!ばやしこだ!!!

このブログはイケイケのJAZZマンになるために駆け出しJAZZマンのばやしこが奮闘してきた物語…
しかし、どれも着眼点が少し惜しかったのか、イマイチ結果が出ていない(><)

どういう訳か、今のところイケイケJAZZマンではなく、露出狂もどきや、イキって飲酒や喫煙の真似事をする痛い人しか誕生していないのだ…

 

ということで最近のばやしこは、己の無力さを感じてとても沈んでいた。
そんなとき、たまたまジャズ界の偉大な先輩の名言を目にする機会があった。

 

 

そこにあるものではなく、ないものをプレイするんだ。
知っていることではなく知らないことをやる。変化しなければいけない。
それは呪いのようなものだ。

by マイルス・デイヴィス

 

 

ジャズの帝王と呼ばれた男、マイルス・デイヴィスの言葉である。
そしてみんなに思い出してほしい。ばやしこはイケイケのJAZZマンになるための様々な新しい方向からのアプローチを模索してきた。

そう、今のところ直接結果には結びついていないが、知っていることではなく知らないことをやる、変化するという姿勢は、いつの間にか偉大なJAZZ界の先輩の姿と重なっていたのだ。

このJAZZマンとしてのスピリットを学べたということだけでも、この挑戦に意味があったのではないか。
ダンボールで服を作ったり、精一杯大人のフリをしてみたのも無駄では無かったのだ。

そして、このブログを通してみんなに俺達のリサイタル、いや、音楽にかける思いが少しでも伝わってくれたのなら、こんなにも嬉しいことはない。

 

 

⚫これでお別れ…ではない!!

残念ながら、このブログも今回が最終回。読者のみんなとこの場で会えるのもこれが最後だ。

でも、忘れないで欲しい。俺達の音楽にかける思いは変わらないし、音楽を愛する者達がこの世に存在し続ける限り、俺達のスピリットは永遠に一緒に有り続ける。エターナルトゥギャザー。

そして、ここまでみんなが見てきてくれたばやしこの挑戦が、思いが、スピリットが、作り出す伝説を是非その目で確かめて欲しい。

 

12月9日土曜日、新橋ヤクルトホールにて。
君達は新たな伝説の幕開けを目にする……

 

 

 

音楽と俺達の未来に、乾杯。

 

 

 


※グラスの中身はブドウジュースです。

 

 

 

– Count Down Reports シリーズ一覧はコチラから
– 57th Recital 詳細はコチラから