こんにちは、トロンボーン吹いてます久保です。

 

相変わらずインドカレーばっかり食べています。まずはおすそ分け。

 

 

さて、私の記事も今回で最後になってしまいました。リサイタルがもうすぐそこに迫っているということですね。
ワクワク、楽しみであり、もうすぐその時が来てしまうと思うと少し切ないです。

しかし一方で、リサイタル事前予約の方は予約者多数の為締切、という喜ぶべき事態となっております。
皆様本当にありがとうございます…!

 

さて、最後の記事ということで、私リードトロンボーンの久保が、満員御礼の新橋ヤクルトホールを美しい響きで満たすKMPレギュラートロンボーンセクションを紹介したいと思います!

 

 

●まずはばやしこ!とりあえずばやしこ!

まずはC年ながらそのパワフルな低音でトロンボーンセクションを支えたバストロンボーンばやしこ!

 

 

彼はC年持ち前のフレッシュさと、名門慶應志木高出身のその冴える頭脳で、レギュラーバンドになくてはならない存在です。

 

 

ボケもいける。ツッコミもいける。
今では重要なレギュラーバンドのトロンボーンセクションのツッコミ役ですが、(こんな感じで)圧倒的なボケもかましてくれます。
コサックダンスをしながらソロを吹く芸も有名です。

 

バストロンボーンを吹けば、活き活きとした豊かなサウンドを聴かせてくれます。そのサウンドに幾度となく助けられました。そしてそれでもまだC年、只今見る見る成長中!

私達の演奏を支えただけでなく、これからも楽しみな誇りのバストロンボーンプレイヤーです。

 

 

●本当に大学から始めたの?スーパー努力家もりー!

 

続いて3rdトロンボーンもりー!

彼は実は大学に入ってトロンボーンを始めたにも関わらず、E年の今レギュラーに入りそして山野のCDでDisc1に入ってしまった男。なんてやつだ。
そんな彼は学業成績も優秀、更にKMPではマネージャーもこなすなど、まさにデキる男。
それでいて、いつも隙間時間でしっかり練習し、着実に実力をつけている。なんてやつだ。。

 

 

そんな彼のサウンドは、とても優しく、彼の人格を表しているようです。
私が意味不明なことを合奏中に言っても笑ってくれたもりーには何度救われたことか。。

ちなみにお酒を飲むと魔王が降臨します。
魔王の趣味は動物園の経営です。

 

 

 

●超上手いのにしっかり面白い、ニクい男、うっちー

 

さあ、2ndトロンボーンうっちーです。
彼は何と言えば良いんでしょうね、私のコンプレックスを逆撫でしてくるとにかくすごい男です。

 

まず、楽器超うまい。不甲斐なくもリードの私が及ばない所もたくさんあります、、
そして、その実力への絶対的な信頼からレギュラーでの活動をしつつもジュニアバンドのコンサートマスターも務めています。

更に機械などに強く、合宿や学祭などでは先陣を切って機械類の操作までこなす。なんてこった。

 

こんなとんだハイスペック野郎ですが、一旦口を開くと「ばなな」などと頭の悪い言葉を発し人格のバランスを取っています。うーんニクいやつ。悔しい。

 

 

そんな彼はレギュラーバンドでもジュニアバンドでも大活躍です。ご注目あれ!

 

 

 

まあ、なんか書いてるうちに感極まってきそうになってしまったので、このくらいにしておきます。
あ、ついでに私も自己紹介しておきますね。

 

●久保翔太郎 23歳 男性

 

横浜国立大学4年生、最後の青春を追い求めKMPにやってきた。
しかし彼はKMPでインドカレーを流行らせただけなのであった。

 

 

 

 

 

 

うーん、個性豊かな素晴らしいトロンボーンセクションですね。
この4人でなら何でもできちゃう気がします。

 

 

苦しい場面も楽しく、しかし真剣に乗り越えてきました。

 

 

 

KMPのリサイタルに来てくださる皆様、当日は是非この我々トロンボーンセクションのサウンドにもご注目頂けると幸いです。

 

私も私なりに、この4人で出会い、そして一緒にトロンボーンセクションをすることが出来たことに感謝しながら皆様に最高の演奏をお届けします。

 

 

それでは12/9、会場でお待ちしております。

 

 

 

– Count Down Reports シリーズ一覧はコチラから
– 57th Recital 詳細はコチラから