▼こんにちは、3rdアルトの京です。

京的最終回です。早いですね。

さて、みなさま毎日更新の記事、チェックしていただけてますでしょうか?
最近はバンド愛溢れる記事が散見されますが、それに乗っかって私も今回はKMPについて語りたいと思います!

 

というわけで今回は、今年一年間レギュラーバンドと同時に1,2年生で構成されるジュニアバンドにも乗っていて、かつジュニアバンドマネージャーを務め、実はこれでもかというくらいKMPに携わってきた私の視点から(前置き長い)、KMPがいかにいいバンドかを熱弁したいと思います!

 

 

▼ジュニアバンド

とにかく練習も本番も楽しい。

みんなこのバンドが好きでしょうがなくて、実はまだ出会って8か月だなんて信じられないくらい、なんでしょうね、45人を超える大所帯ですが、一つの集団としてのまとまりがあります。

もちろん練習はまじめにしていますが、各々とっても自由だしいつも何かしら面白いことが起こるので、毎日毎日一緒にいても飽きることがまったくありません。

常に変な流行語が生まれ、中本への忠誠を誓う信者の増加はとどまるところを知らず、「たまり」と呼ばれるKMPのスペースにはゲームから課題まで何でも持ち込んで、みんなでワイワイやっています。

特に今年は1年生が元気でキラキラなので明るい雰囲気で楽しくやってますね。2年生は若さの前にたじたじです。笑

1,2年間でも、よく一緒にご飯行ったり冗談言ったり時には真面目に話し合ったり、垣根なく仲良くしてますね…すごいエネルギーとパワーを感じます。いいバンドだなぁ。

 

 

▼レギュラーバンド

音楽の才能がある人はもちろん、場を和ませる人間性を持つ人、卓越した技術を持つ人、鋭い頭脳を持つ人、聞いたこともないような擬音語の語彙が豊富な人、メンバーひとりひとりがそれぞれに輝きを放っています。

メンバーが固定である分、その特徴も1年経って相当色濃くなっていますが笑

毎合奏が刺激に満ちていて、オンオフの切り替えがしっかりしているレギュラーの練習は、真剣に音楽を作っている時も、練習後のくだらないやりとりも、すべてが楽しく貴重な時間です。全員への尊敬が止まりません。最高のバンドであると確信と誇りを持っています。ぜひとも一人でも多くの方にこのバンドの演奏を届けたいです。

 

 

▼そんなジュニアとレギュラーは相思相愛

今年一年、ジュニアマネージャーとして様々なライブやジョイコンの準備をしてきましたが、何より嬉しかったのは、ジュニアのみんなが本番楽しんでくれたことと、それからレギュラーの先輩方がたくさん、何度も、応援に駆けつけてくれたことです!

どんなところで開催しても聞きに来てくれる先輩方に見守られて、ジュニアはのびのびと成長してきました。
一方、ジュニアメンバーはレギュラーバンドに対してかっこいいと憧れを抱きつつも、持ち前の人懐っこさで先輩たちとの距離をぐいぐい縮めてすっかり仲良くなっています。

 

ここまでレギュラーとジュニアで仲のいいバンドってないんじゃないかって思うくらい相思相愛だし、そんなKMPがみんな大好きなわけです。

かくいう私も書いていてKMPへの愛が止まりません。

 

 

▼あ、あとマネージャーについても少しだけ笑

ジュニアマネージャーは各バンドから大体1~2人出て、先ほどから説明しているように各ジョイントコンサートやライブの運営を一からやります。

大体ライブごとに幹事校が決まっていて、幹事校の大学のスペースを借りてやるライブもあれば、マネージャーが場所から探して計画するものもあります。

機材など必要なものを手配し、当日のスケジュールを組み立て、入念な計画を立てるところまでもなかなか慣れない作業で大変なのですが、何より気を張るのが当日です。

借りている場所を使える時間は限られているので、各校のジュニアがぞろぞろ参加するこのライブをいかに時間内に終わらせるか、トラブルが起きたらどうするか、自分の演奏もありますし、いろいろなことを考えているとまあ嵐のように一日が過ぎ去ります。

一年間、ライブのたびに顔を突き合わせてそんな仕事を共にしてきたジュニアマネージャーは、大学・バンド関係なく仲がいいです。笑

今年は「2017マネバン」を結成し、東京大学の駒場祭に出させていただきました。

大変だったけどやってよかったよね、と笑って言える仲間たちと出会えたのジュニアマネージャーやっててよかったことの一つですね。…思ったより長くなりました…すみません笑

 

 

 

というわけで、KMPってすっごくいいバンドなんだってこと、伝わりましたでしょうか。

 

説明が下手で申し訳ないですが…リサイタルできっと、その空気を体感していただけることと思います。
KMPのいいところは、メンバーだけでなく、聴いてくれる、空間を共有しているお客様が楽しくなれるように!と考えて日々音楽を作っているところです。

当日は、皆様にそんなKMPの日常をちょこっとだけ感じていただけるようにと工夫もたくさん考えております。

来てよかった!と思ってもらうために、あと4日、全メンバー一丸となり(この言葉あんまり好きじゃないけど今はしっくりくる)頑張ってまいりますので、渾身のステージにどうぞご期待ください。

 

 

3rd Alto Saxの米倉京でした。4回にわたりお付き合いくださり、誠にありがとうございました。残りの記事もお楽しみに!

 

 

– Count Down Reports シリーズ一覧はコチラから
– 57th Recital 詳細はコチラから