コンマス辻田です。
いよいよ、リサイタルです。

最後のブログは、「リサイタルの楽しみ方」です。

1. 3つのコンセプトステージ

今年のリサイタルはステージを大きく3つに分け、それぞれにコンセプトが存在します。
1stステージはCONCERT STAGE、2ndステージはTRADITIONAL STAGE、3rdステージはLIVE STAGEです。
Regularバンドは1st,3rdステージに登場し、ジャズの様々な側面を網羅的にお届けしようとしています。
また、Juniorバンドは2ndステージに登場。KMPの未来を担う若く強いサウンドをお届けします。
3ステージどれもが全くカラーの異なるものになっていますので、開演から終演まで全く飽きることがないことを保証いたします。

2. 会場にも一工夫

今年のリサイタルは会場設営にも一工夫がなされています。
これは来場された方にぜひ実体験していただきたいので詳しくは書きませんが、座席指定受付の待ち時間も飽きさせることのない仕様にしていますよ。
お楽しみに!

3. 野次飛ばし放題

ヤクルトホールというとクラシックで硬い雰囲気を感じてしまう会場に思えますが、我々のリサイタルでは野次が飛ばし放題です。
エモいソロ、唸るような演出、あの名曲、登場した際はぜひぜひ野次を飛ばしまくってください。
あなたの野次は、我々の原動力に化けるだけでなく、皆様が全身でリサイタルを楽しむ環境を作り出します!

4. ぜひ予習を!

我々のリサイタルを十分に楽しむためにも、皆様には直前の予習をお勧めしたいと思います。
Count Basie Orchestraを始めとする偉大なビッグバンドの名曲たちを前もって予習し、「あの曲やらないのかな?」「あの曲やってくれたら嬉しいな」などと妄想しながら新橋へお越しください!
あの曲が、登場するかも。
予習しないのとするのでは、リサイタルで体感できる興奮が全く違いますよ、きっと。

 

さて、全65回のカウントダウン記事。
あっという間に終わりを迎えようとしています。
どんなに意識していても、時が経つのは早いものですね。

我々の1年の思いのつまった集大成のステージ。
あっという間で、濃密な、リサイタルをお楽しみください。

それでは、12/9 16:00にお会いしましょう。

– Count Down Reports シリーズ一覧はコチラから
– 57th Recital 詳細はコチラから