2020/4/20

こんにちは。

KMPジュニアバンドでピアノを担当している安藤です。

書くのはKMP以外のことでもいいらしいですが、まだ始まったばかりなので今回もKMPのことを話すことにしました。

もう少ししたら色んな話題のブログが更新されていくと思います!楽しみですね〜〜〜

さて、KMP全体のいいところはクソ陰キャっぷりを発揮しながら大本くんが詳しく書いてくれた(Vol.01 KMPの長所を徹底解説!)ので、

今回はリズム隊について書きたいと思います。

リズム隊とは、ギター、ベース、ドラム、ピアノで構成されるセクションのこと。

表立って目立つことはあまりないですが、バンドを支える重要なパートです。

楽器がいつでも練習できる!と大本くんは書いていましたが、実はリズム隊は管楽器の人たちとは少し違います。

個人の楽器がないので降り曲(自分が演奏しない曲)の時、残念ながらリズム隊は練習ができません…。

その時間どうしているかというと、
たまりというサークルごとに集まる場所で時間を潰しています。

みんなでゲームをしたり、トランプをしたり、爆速でカツカレーを食べに行ったり、ドーナツを買いに行ったりしていました。

ちなみに合宿のときもこういう時間がちょいちょい発生するので、湖まで歩いたり、アイスとかお菓子を食べたりしてました。

書き出してみると結構好勝手やってますね。

こんなことばっかり書いてるとふざけてるのかと思われそうですが、練習は個人でそれぞれの場所でちゃんとしているので大丈夫です。

ただこういう時間は、リズム隊ならではかな〜と思います。

でも、合宿中外で練習してる管楽器が少し羨ましかったりもします。リズム隊は室内ですからね、、、

練習がない日は、リズム隊で遊ぶこともあります。

チョコフォンデュ会やタコパをしたり、花火大会やディズニーに行ったり、、

ディズニーの写真


上の写真は三田祭の代休にディズニーに行った時、同じくディズニーにいたサックスセクションと途中で合流して撮ったものです。

サックスセクションとリズム隊の見分け方は簡単!リズム隊は制服を着ています。わかりやすくていいですね。

実はこの写真はKMPの新歓用アカウントに載っています。まだ見たことない人はぜひのぞいてみてください!

最後に少しだけ!ピアノ担当らしくピアノのことをすこーーーしだけ書いて終わりにしたいと思います。

クラシックピアノは習っていた人が多いと思いますが、ジャズピアノはちょっと違います。

ピアノの楽譜は基本的に音符は書かれていなくて、コード(和音)だけ書いてあるコード譜となっています。

ピアノに与えられたルールは、「コードを小節内で弾くこと」だけで、リズムも特に決められていません。

意味わかんないぐらい自由ですね。

この自由さが難しくもあり面白くもあり、ジャズピアノの魅力なのかなーと思っています。

というわけで、今回はリズム隊について書きました。
少しでも、リズム隊のことやKMPの雰囲気が伝わればいいなぁと思います。

◀ Vol.05 ”ひようら飯”
▶ Vol.07 お茶漬けに釘付け
ブログ一覧へ戻る

➤新入生募集についての記事はコチラ!

おすすめ記事

・KMPってどんなサークルなの?

・KMPってどんな音楽をやってるの?

・KMPではどんな楽器を演奏するの?

・2020年度幹部・メンバー一覧