2020/5/2

こんにちは。今年度KMPでベースを弾きます、商学部2年の米 大祐です。

気温も徐々に暖かくなってきて、すっかり春ですね。春といえば桜が咲き、新しい人達と出会い、新しい環境で新しい生活を始める季節ですが、今年は気持ち良く1年のスタートが切れないのが残念です、、、


さて、この記事では僕が思う、春に聴きたい、春にちなんだオススメのジャズの曲を紹介します。

KMPが普段やるビックバンドとは少し異なるコンボ(小編成のジャズバンド)形態のジャズスタンダードナンバー(古くから多くの演奏者に演奏されている曲)中心にはなりますが、、、

※ジャズスタンダードの曲は様々なヴァージョンがあるので僕が現時点で一番好きなものを紹介します。

① Joy Spring

Apple Music

https://music.apple.com/jp/album/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A4-%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0/1434920027?i=1434920181

YouTube → https://youtu.be/dnK6OHPQZbA

まず最初に紹介するのはハード・バップ(1950年代頃のジャズのスタイル)期を代表するトランペッターの1人であるClifford Brownによって作られた春といえばの定番曲である“Joy Spring”です。

タイトル通り春の訪れに歓喜するようなメロディーとソロですね!

② It Might as well Be Spring

Apple Music
https://music.apple.com/jp/album/it-might-as-well-be-spring/1025616027?i=1025617360

YouTube→ https://youtu.be/-a1JooUZBa0

次に紹介するこの曲は題名にはSpring(春)と入っているものの、実は春の曲ではありません。邦題は“春の如く”で、春ではないのに春のような気持ちになった人のことを歌った曲です。

軽快なリズムが春らしさを表現していますね!

③ September in the Rain

Apple Music
https://music.apple.com/jp/album/september-in-the-rain-live/1046266396?i=1046266400

YouTube→ https://youtu.be/L6_kOcuQaiU

この曲は先の“It Might as well Be Spring”と逆で曲名にSeptember(9月)とありますが、9月の曲ではなく9月に失恋したことを歌ったと思われる春の曲です。

明るい中にどことなく哀愁を帯びたテナーサックスの音色に雨音を感じさせるようなドラムですね!

④ I’ll Remember April

Apple Music
https://music.apple.com/jp/album/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AB-%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC-%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%AB/1090268451?i=1090268470

YouTube→ https://youtu.be/GuVH7_e_GyI

この曲の邦題は“四月の思い出”で、もう別れてしまった恋人と過ごした4月のことを歌ったものです。

恋人との楽しい一時のように明るい曲調でとても速いテンポで演奏されていますね!

Brian Brombergのベースソロがとんでもないです…!

⑤ It Could Happen To You

Apple Music
https://music.apple.com/jp/album/it-could-happen-to-you/201220114?i=201221580

YouTube→✖️

 “It Could Happen To You”は春独特のワクワク感やドキドキ感が感じられるような曲だと思います。

はじめのテーマとサックスソロの最初の方の裏でピアノ、ベース、ドラムが同じキメをしているのがかっこいいですね!

ちなみに僕は“It Could Happen To You”はジャズスタンダードの中でかなり上位に食い込むぐらい好きです!

⑥ Ue Wo Muite Aruko

Apple Music
https://music.apple.com/jp/album/ue-wo-muite-aruko/793483104?i=793483164

YouTube→ https://youtu.be/JwJT5zZP_Y8

 “Ue Wo Muite Aruko(上を向いて歩こう)”は“SUKIYAKI(スキヤキ)”とも知られる、坂本九によって歌われた日本の楽曲をジャズピアニストの上原ひろみがアレンジしたものです。

今まで紹介した5曲は4ビートでシンプルなものが多かったですがこの曲ではエレキベースを使ったり、少し複雑なアレンジやキメなど新しいジャズを感じることができます!

個人的にはピアノ/キーボードの上原ひろみとベースのTony Greyのキャッチーなソロのフレーズが大好きです!

⑦ さくらガーデン

Apple Music
https://music.apple.com/jp/album/sakura-garden/432885281?i=432885301

YouTube→ https://youtu.be/Pejc9FLZKwE

 最後に紹介するのはジャズピアニストのクリヤ・マコトが「富嶽百景 〜遥かなる場所」という映画のために作った映画音楽で、ジャズに和の要素を取り入れた美しいメロディーの曲である“さくらガーデン”です。

緑色の芝が美しい広い庭で桜が咲き乱れているような情景が目に浮かびますね!


いかがでしたでしょうか?気に入った曲は見つかりましたか?

この記事で紹介した曲名をApple MusicやSpotifyやYouTubeなどで検索すると上で紹介したのとは違う色々なアレンジをされたヴァージョンが出てくると思うので、それらを聴いてみるのも面白いと思います!

今回紹介した曲をまとめたプレイリストをApple Music上に作ってみました。


https://music.apple.com/jp/playlist/%E6%98%A5%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA/pl.u-Ymb0DB0FqBqRAk


◀ Vol.17 大学での「居場所」
▶ Vol.19 ジャズサークルともう1個!
ブログ一覧へ戻る

➤新入生募集についての記事はコチラ!

おすすめ記事

・KMPってどんなサークルなの?

・KMPってどんな音楽をやってるの?

・KMPではどんな楽器を演奏するの?

・2020年度幹部・メンバー一覧