2020/5/20

こんにちは!

KMPレギュラーバンド、トランペット2ndを担当させていただいています森川慶です。

新入生の皆様、いかがお過ごしでしょうか!

本来であれば今頃は「5月病」だなんだと、4月の溢れんばかりのやる気も落ち着いてきて、

新しい環境でこれから一年楽しく過ごせるのかな、、、という不安に襲われてしまう時期ですが、今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、

「4月、、、?終わっとった〜ーーー!、、、5月??終わりそーーーーー!」

という方が多いのではないでしょうか。

できるだけ早く事態が収束するといいですね、、、

さて、そんな晴天霹靂な一年が始まったわけですが、新入生の皆様の悩みの一つとして

「サークル、、、選べん。。。。」

というものがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、今までたくさんのブログで紹介されてきた「KMPの魅力!!」といったものから隠れてしまったあるものをご紹介したいと思います。

それは、、、、、、ずばり、、、、、

「「「「隠れセクション」」」ですっっっっっ!

「隠れセクション」とは、本当にそのままで、サークルメンバーの中でも「え、そんなのあったんだ(笑)」と知られてないことも日常茶飯事に起きてしまう知名度のセクションのことなのです。

やはりKMPはビッグバンドを演奏する音楽サークルという枠組みに入るのですが

「せっかくの大学生活、長期休みや演奏会や大会の後の休みなどを使って音楽以外もサークル仲間と楽しんじゃおう!!!」

というのが隠れセクションの狙いの一つです。

「一緒に音楽を演奏する」という目標を共にすることで仲良くなったサークルの仲間と、さらに絆を深めようという感じですので、

「セクションって基本的に1人1つでしょう?」

などの不安は気にしないでくださいね!

そして、Vol.36までせっかくたどり着いてくれたみなさんにこそ、教えたい!という強い気持ちを胸に、今回僕が所属している「隠れセクション」を

3つ!

紹介したいと思います。


○目次

1.未知なる体験を求めて。スキューバダイビングセクション

2.たまにはこういう日もいいよね。ピクニックセクション

3.そうだ。歩こう。どこまでも。ハードお散歩セクション


1.未知なる体験を求めて。スキューバダイビングセクション

1つ目は、通称「SDS」で知られている

スキューバ(S) ダイビング(D)セクション(S)」です!

このセクションでは「夏に、海に行って、潜ってみたい!!」という気持ちを持ったメンバーを集い、2019年に発足したセクションです。

活動内容はもちろん「スキューバダイビング」をすることですが、

せっかくなんだから旅行を満喫しようよ!といった具合に沖縄を観光することも欠かせません。

とはいえ、

「興味はあるけどスキューバダイビングなんてやったことないし、、、」

「昔見たジョーズというサメの映画が怖くて、、、」

「ライセンス、、??とかどうなの??」

という疑問が出てきてしまいますよね。

ですが安心してください!

そもそも2019のメンバーは誰一人潜ったことはなく、ライセンスなんて持っていなかっったのです。

スキューバダイビングは、一人で泳ぐためにはライセンスが必要ですが、規定以上のライセンスを持った方が一緒であれば、初心者でも潜ることが可能なのです。

僕たちは現地のライセンスを持った方に教えてもらいながら潜りました!

そういった環境だったので酸素ボンベの使い方や、その他の基本的な動作はしっかりと学ぶことができ、安全に海に潜ることができました。

ですので、

「初めてで不安だけど人生で一回はやってみたい」

「私は海が好きだ。」

「海の中の絶景や可愛い魚たちを間近で見たい」

と思った方はどしどし一緒にスキューバをやりましょう!


それでは昨年のスキューバダイビングセクションの活動である「SSD 1週間 in沖縄」を少しだけお見せしたいと思います。

まずはやっぱり、これですよね!


そう、スキューバダイビングです。

沖縄の日本一と言える綺麗な海にはたくさんの生物がいて、それらを間近に見ることができるのがダイビングの醍醐味です。

このように、水がとっっても綺麗で、入る前から海中がどこまでも透けて見えるので心を奪われること間違いなしです。


そして次に紹介するのはこちらです!

これは沖縄で借りたレンタカーから撮ったものなのですが、

タイムラプス機能を使って見たい!という気持ちから撮ってみたのですが、結構オシャレに撮れたので載せてみました。

沖縄では移動手段は基本的に車が使われていて、僕たちもずっと車で移動していたのですが、

とにかく、景色が綺麗!

特に海沿いがたまらないほど壮観なので、ドライブがとても気持ちいいです。

幸い天気にも恵まれ、一週間のうち、ほとんどが晴れだったので東京の満員電車に慣れていた僕なんかにはとても嬉しい体験でした。

海中の絶景や海沿いの自然ときて目がお腹一杯になってきたところで、次は食べ物の紹介をしたいと思います。


タコス!海鮮丼!ソーキソバ!!アイスクリーム!!!などなど

沖縄ならではのグルメは本当に美味しくて、開いた口が塞がりませんっ。(あ、もちろん食べる時は閉じます。)


このようにスキューバダイビングセクションに入れば、楽しい夏の思い出になること間違いなしです!

最後にセクションメンバーの一人の方が一週間の沖縄旅行をまとめた動画を作ってくれたので紹介しておきますね。

5分くらいですので、興味があって、お時間ありましたら是非みてください!



2.たまにはこういう日もいいよね。ピクニックセクション


次に紹介するのは、


「ピクニックセクション」です!!!(急にメルヘンっっ)

このセクションも2019年に発足し、少ないメンバーで活動しているのですが、活動内容は

ピクニックをすることです。


とは言うのも、最近では大学生が遊ぶとなると、やはり、カラオケしたり、ボーリングしたり、焼肉食べたり、などが多いと思うのですが、

「たまには青い芝生の上にレジャーシート敷いて、空を仰いだっていいじゃない!」

という考えのもと発足したセクションです。

たまにちょっとシンプルで穏やかな時間の過ごし方をしてみるのも、たまらないですよね!


今回は「日比谷公園でのピクニック」を紹介していきます。


まず、その日の日比谷公園の様子がこちらになります。


なんと、スパニッシュフェスティバル?のようなものが催されており、様々な屋台が展開されていました。

そこでそれぞれが食べたいものを買おうといって、買ったのがこちらになります。

ピザとチャーハンと、パエリアですね。。。(バラバラ)

手作りのサンドイッチ!とはいきませんがレジャーシートを引けば、それはピクニックです。

そしてお揃いのティーカップでお茶をしたりとのんびりとした時間を過ごしました。

ちなみに、「せっかくだから服も揃えよう」と言う仲間意識を強く持ったメンバーの提案で全員が白黒のボーダのシャツを着ました。

やはりボーダーというと着こなすのには中々レベルの高いと思われがちなアイテムですが

「ボーダーも みんなで着れば 怖くない」

というモットーに従い、みんなで切ることに挑戦しました。

「ちょっっと、面白そう。」

「なんか、面白そう。」

「面白そー。」

と思ったそこのあなた!青い芝生で一息入れようではありませんか!



3.そうだ。歩こう。どこまでも。ハードお散歩セクション


それでは最後に紹介するのが

今回の目玉とも言えるセクション、、、、

ハードお散歩セクション」です!

このセクションは正直なところ、余程の怖いもの見たさを持っている人にしかお勧めできません。

なぜなら、、、、

歩きます。

歩きます。

とにかく歩きます。

めちゃくちゃ歩きます。

というセクションなのです。

最近のスマホには万歩計がついているのはご存知ですか?

iPhoneでいうところの「ヘルスケア」です。そういったもので自分が毎日どれくらい歩いているのか、少しみて見てください。

今は外出自粛期間というのもあり、1万歩いっていればかなり歩いた方であったり、去年のデータなどを見ても、

「ディズニーで一日遊んだら3万歩もいってた!」

という具合なのではないでしょうか。

しかし、皆さんにお見せしなければなりません。

これは過去にハードお散歩セクションが活動した時の数値なのですが、

はっきりいって意味がわからない

という方がいてもおかしくありません。

10万歩も歩くというのは「意味がわからない」のです。


しかし、、、

今回はそんな2018年に発足したハードなお散歩セクションの「楽しい側面」を少し紹介してみようと思います。

まずは「コース」の魅力です。

1回目に行われた時は、「横浜〜箱根 コース」でした。

箱根と聞くとやはり「温泉」や、中には正月の「駅伝」などを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

その箱根に歩いて行って見たい!

最初は、これくらいのふとした思いつきでした。

ざっと見積もって横浜から箱根まで60キロメートル。

徒歩というのは不思議なもので、「走る」わけではないから可能なのでは、、?

と考えてしまうのです。

しかし、思い立ったが吉日。僕たちはすぐに動き始めました。

夏というのもあり、日中太陽に当たりながら歩き続けるのはまずいと思い夕方の6時ごろを目明日に出発です。

メンバーの中には、

「箱根駅伝がすごい好きだ。」

「あれは〜だ。」

「あ、〜区入った。」

という風に箱根駅伝との「リンク度」を説明してくれて、今後の箱根駅伝の見え方が少し変わり、より楽しめるようになりました。


2つ目のコースは「多摩川上り」です。東急東横線の多摩川駅から川沿いに歩き続け、「奥多摩」というところま歩きました。

ここでは、箱根コースとは違い

行っても行っても「「多摩」」

といった感じで、川や山を通して豊かな自然を感じながらも、

あくまでも「「多摩」」でした。

この散歩をしてあることに気づきました。

それは、今までにないくらいメンバーと話したことです。

学校からの帰り、駅までの道のり、僕たちは日常の至る所で歩きながら雑談をしますよね。

それを夜通しやるということなので、めちゃくちゃ話しました。

もちろん途中疲れて「全く話さない」時間もありましたが、結局「話していないと気がおかしくなってしまう」のです。(笑)


結果、大抵は翌日の正午ごろに到着するのですが、その頃には女性たちの「ガールズナイト」をゆうに超えるほど話し続けているのです。。

話しすぎてお腹いっぱいになりますが、こうして普段一緒に演奏したりしているメンバー

と歩き続けるのは中々になのでは?と感じることも。

確かに足の裏や足という足の至る所がとてつもなく痛くなりますが

得られたものもあるのでしょう。!



さて!



やっっっっっっっっっと3つの隠れセクションの紹介が終わりました。。。

「長すぎないか?」

「長すぎやしないか?」

と思う方、ごもっともです。。。

こんな大量な文章を書き殴ってしまうくらい楽しんでいた

と暖かく受け取ってくださると、嬉しい限りですっっ

この他にも、サークルのメンバーがやってみたいことや、やりたい事に対して、多くの隠れたセクションがKMPにはあるようです。

これからKMPに入るかもしれないそこのあなた!

やって見たい事があるのならやっちゃいましょう!

隠れセクションは誰にでも作れるし、誰でも入れるのです!

音楽を最高に楽しんで、音楽以外も最高に楽しむ。(もちろん学業もね☺️

こんな大学生活をKMPで送ってみませんか!

入サーについては各種SNS(新歓Twitter新歓Instagram)、公式ライン(下記QRコード)からご確認ください!

長くなりましたが、ここまで読んだ方、

お疲れ様です!(笑)



◀ Vol.35 忘れてしまった大切なことありませんか?
▶ Vol.37 人生は虹色
ブログ一覧へ戻る

➤新入生募集についての記事はコチラ!

おすすめ記事

・KMPってどんなサークルなの?

・KMPってどんな音楽をやってるの?

・KMPではどんな楽器を演奏するの?

・2020年度幹部・メンバー一覧