前回のトランペット編に続き、今回はギターの選び方です。

ジャズで使用されるギターには主に「フルアコ(フルアコースティック)」、「セミアコ(セミアコースティック)」、「ソリッド」と呼ばれる3つのタイプがあり、トラディショナルなビッグバンドのギター奏者はフルアコを使うことが多いですが、セミアコやソリッドタイプのギターでジャズを演奏する奏者も数多くいます。

フルアコースティック

フルアコは、アコースティックギターにピックアップを取り付けたものを原型としており、元祖エレキギターともいうべきギターです。アコースティックギターと同じくらいボディーの空洞部があり、太くてやわらかいサウンドが特徴です。トラディショナルなジャズ(モダン・ジャズ)を演奏するプレイヤーはほとんどこのタイプを使用しています。

ピッキングの強弱による音量変化やピックの入射角による音色変化が非常に豊かであり、音の分離が良くコードの響きに優れているのがメリットですが、構造的にハウリングがおこりやすいことや、サステインが短かくなってしまうこともあり、エフェクターとの相性が悪いというデメリットもあります。Freddie Greenのような古典的4ビートカッティングを弾くのであれば、やはりフルアコで演奏をしたいものです。

Wes-Montgomery

ソリッド

ソリッドは、いわゆる「エレキギター」そのもので、ボディの空洞部が全くないタイプのことです。ジャズで使用する人はそれほど多くないですが、Ulf WakeniusやEd Bickertのようにレスポール系やテレキャス系のソリッドギターで素晴らしい演奏をする人もいますので、決してジャズに不向きというわけではありません。

空洞部がないためハウリングが起こりづらくサステインも長いので、エフェクトをかけて演奏することに向いています。

edBickert

セミアコースティック

セミアコは、ちょうどフルアコとソリッドの中間にあたるもので、音色の傾向や構造的なメリット・デメリットも、フルアコとソリッドをミックスしたような特徴を備えています。

一口にセミアコと言っても、センターブロックの有無やボディの大きさなどの構造的な傾向によってフルアコ寄りのものとソリッド寄りのものがあり、モデルごとに音色の傾向は大きく異なります。

Legendary Blues guitarist and Grammy award winner Larry Carlton performs a masterclass hosted by The Guitar Institute at The Bedford Arms in South London. Carlton is best known for his groundbreaking work with Steely Dan, John Lennon and The Crusaders. Ca

弦の種類

ジャズで使用するギターの弦としては、主に①ラウンドワウンド弦、②フラットワウンド弦、③ハーフラウンド弦が使用されます。

ラウンドワウンド弦は、巻線の断面が丸くなっておりざらっとした感触。サスティーンに優れ倍音成分を豊富に含んだ振動をします。エレキギター用の弦として最も一般的なタイプです。

フラットワウンド弦は、巻線の断面が板状になっており滑らかな感触。芯線とは面接触となるためサスティーンや倍音成分は少なくなるが、独特の甘いトーンになります。ジャズギタープレイヤーに好まれます。

ハーフラウンド弦は、ラウンドとフラットの中間ですが、従来のラウンドワウンド弦とは製造方法が異なり、ワイヤーを圧延させることによって作られています。ラウンドワウンドが持つブライトさを失うことなく、フラットラウンドのようなしなやかな感触を実現しています。

弦の種類

ジャズでよく使用されるセミアコ・フルアコタイプのギターでは、一般的に「1弦が0.11よりも細いセット」が好んで使われることはほとんどありません。例外としては、ジム・ホールで、彼は1弦が0.10~のセットを好んだと言われています。ジム・ホールに多大な影響を受けたパット・メセニーも細いゲージの愛用者で、フルアコでは1弦が0.11~のセットを主に使用しています。ただし、ソリッドギターを使う人であれば0.10~のセット愛用者も多いと思います。ジョン・アバークロンビーは1弦が0.10です。

弦の種類についてですが、「フルアコやセミアコでジャズをやるならフラットワウンドがよい」と言われることが多いのですが、これはフラットワウンドのほうが音がマイルドでメロウであり、フィンガリングノイズも少ないため、使用するジャズミュージシャンが多い、ということだと思います。

しかし、ラウンド弦にはラウンド弦の良さがあって、例えばダイナミクスのコントロールをしやすいことや、フィンガリングノイズが出やすい代わりに指のタッチによる音色変化を表現しやすいといったメリットがあります。

主要なモデル

タイプ メーカー 品番
フルアコ Epiphone Casino Coupe
フルアコ Ibanez PM2
フルアコ Tokai ES178
フルアコ Ibanez GB10
セミアコ Ibanez JSM100
セミアコ Yamaha SA2200
セミアコ Gretsch G6119
セミアコ Gibson ES-335
ソリッド Gibson Les Paul Standard
ソリッド Fender American Elite Telecaster

選び方

楽器を実際に購入する際には、以下の3つのポイントに気を付けてください。

  1. 必ず試奏してから買うこと。安くてもネット通販などでは買わないこと。
  2. 可能であればレギュラーの先輩にも同行してもらうこと。
  3. 中古楽器を買うのであれば、新品と弾き比べてみること。

ギターはプレイヤー人口が多いので、安くても高いクオリティの楽器が数多く存在します。初心者にとっては、ネックの反りなどの可能性がある中古楽器を買うよりも、予算の範囲で新品を買ったほうが安全かもしれません。じっくり比較検討してから購入しましょう。

 

 

おすすめ記事

・楽器の選び方①(サックス編)

・楽器の選び方②(トロンボーン編)

・楽器の選び方③(トランペット編)

・楽器の選び方④(ギター編)